FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
メダカの季節?
砂と花粉が飛び交う季節となり、あちこちで桜が咲いているのを見かける。
 水温も12℃~15℃と安定してきている。昨年は6月にメダカを採取してきた。時期としては遅い。那珂川の上流の方にある支流でガサ入れをした。昆虫類や鰌などが採れる。
もちろんメダカの取れるが、ほとんどが天然の黒メダカか外来種のカダヤシだ。どちらもスグにリリースする。天然の黒メダカは絶滅危惧種にも指定された事があるし、カダヤシは法律や条令で飼育する事は禁じられている。
 目的のメダカは「ヒメダカ」だ。天然のヒメダカもいるらしいが、ヒメダカは金魚と同じで、人間によって固定化された種であり、自然界にはいないのが本当らしい。でも、メダカが絶滅危惧種に指定された時に、日本中で慌てた人達がヒメダカを放流してしまった。また、そうでなくても飼育に飽きた人達が放流してしまう事がある。自然の生態系はこうして破壊されていく。
 態系を守ろうなんて気持ちは無いが、メダカを飼ってみたくなって、僕は採取にいった。でも採取するメダカはヒメダカと決めていた。
約2時間ちょっと頑張って、10匹のヒメダカを採取する事ができた。それを自宅に持ち帰り、18リットルの水槽で飼う。水槽を置く場所は屋外。その方が水質を保ちやすい。メダカは金魚ほど飼育水を汚さないので、屋外飼育ならほとんど手間はかからない。飼育水が青水化してしまえば、病気の心配や餓死の心配もほぼ無くなる。ただ、トンボにだけは気をつける必要がある。トンボが水槽で産卵して幼虫であるヤゴが生まれたら、メダカが全部食べられてしまう。昨年は2匹のヤゴを見つけて慌てた。幸いメダカは一匹も食べられずにすんだ。
 ダカを飼い始めて2週間を過ぎた頃。メダカが毎日の様に産卵し始めた。10匹のメダカの内、キリがいい事に5匹がメスだった。それからが大変だった。狭い空間にいるメダカは卵を食べる。自分の卵だろうと他のメダカの卵だろうとお構い無し。なので、産卵し卵をお腹に付けて泳いでいるメダカを取り出して毛先の柔らかい平筆で、卵と魚体を傷つけないようにして採取する。採取した卵はメチレンブルーを極薄い濃度で溶かした溶液に漬ける。受精卵には受精膜が出来ているので、メチレンブルーには染まらない。未受精卵か死卵はすぐに青く染まってしまう。青く染まった卵を捨て、正常な卵を綺麗な水道水の入ったガラス瓶に移す。水温にもよるが、早ければ4日~7日で孵化する。遅い仔は14日かかる。これを毎日繰り返し瓶の中で孵化した稚魚を、稚魚専用の水槽に移す。稚魚を親と一緒にしたら、やっぱり親に食べられてしまうからだ。稚魚のサイズが15mm以上に成長するまで親と同じ水槽に入れる事は出来ない。
>>続きを読む
スポンサーサイト
朝の冷え込み
昨日今日と、朝の気温が低い。
屋外に置いている3つのメダカ水槽の水温も当然冷たくなる。

メダカは金魚同様に水温0℃くらいまでは大丈夫なのだが、急な冷え込みは堪えるらしく、
朝は水面近くでジッと耐え忍んでる。

但し稚魚は別で、同じ環境であっても割りと元気だ。水底や水中で割りと元気に泳いでる。
こうも違うのものかと考えてしまう。
メダカの稚魚は体長が6mm以上でないと冬を乗り越えられないと言われてる。
幸い、うちの稚魚たちはどの仔も6mm以上ある。

といっても、小さな水槽なので気温の変化による水温の上下の変化も顕著だ。
水量が大きい水槽なら、水温変化ももう少し緩慢になって、メダカ達への影響も少ないはずだが。

対策としていくつか考えてる。
一つは発泡スチロールの箱。ホームセンターで1500円位で買えるヤツ。
コレに入れればかなり違うと思われる。しかしながら、耐久性に疑問がある。
水の重さと、苔や藻の侵食による劣化。そして、崩壊。
春までもてば良いのだが・・・

もう一つは、冷蔵庫の引き出し。これは今年の夏に買い換えた冷蔵庫の前に使ってヤツの備品だ。
発泡スチロールほどでは無いが、保温効果も期待できるし、耐久性もある。
容量も充分だが・・・置く場所が無い。

あとは、屋内にメダカ水槽を入れるかどうかだ。

非常に悩む所だが、時間も無い。来週までに何とかしたいなとおもう。
一匹も☆にする事無く、冬を越させたいと思う。
手のりメダカ
うちのメダカは、3つの水槽に分けている。
1つが、卵と孵化後50日目までの稚魚用水槽。
2つ目が、51日目以降の体長15mm以上の子メダカ。
3つ目が、その親水槽。

2つ目と3つ目の水槽は玄関の外に置いているせいか、警戒心が強い。
まぁ、大きな動きをしなければ近寄ってくるんだけどね。
1つ目の稚魚水槽は、屋外ではあるけれど静かで滅多に人も野良猫も近づかない所に。

この稚魚達は、全く人を怖がらない。大きな動きには流石にビックリするけれど、隠れたりしない。
その動画を先月、ニコニコ動画にアップしてみた。



それなりに、良い反応を頂きました。それに再生数も思ってたよりも稼いでるよ。
ほとんどスルーされると思ってたんだけどね。
観ていただいた方、ありがとうございます。メダカ達は順調に育っていますよ。
メダカ爆殖
メダカ稚魚
今年の6月下旬にメダカを10匹手に入れた。
そのメダカ達は1週間後には、水量18Lの小さな水槽内で産卵をするようになった。
10匹のうちの5匹がメスだったのだが、この5匹が5匹とも"毎日"8~10個位の卵を産んでいる。
無精卵も多い様子だが、今日現在までに何匹増えたのか解らない。

確かなのは、メダカの水槽を3つに増やさざるを得なかった事だ。
今朝も5匹の親メダカは産卵している。際限が無い様子。たしかメダカは絶滅危惧種だと聞いた事
があるが、アレは嘘だったのか?と思わせるような増えっぷりである。

さらに、始めの頃に孵化した稚魚までもが今月になって産卵し始めた。
生まれて1ケ月ちょっとで、大きさも親メダカの半分ほどである。なのに、もう産卵。
孫メダカが出来てしまった。

こんなんで、屋外飼育のメダカ達は冬が越せるのだろうかと心配してしまう。

でも、見てると可愛いんだよね。時間を忘れてしまう。屋外に水槽を置いてるから蚊に刺されながらも
見入ってしまう。

ムヒが欠かせなくなってしまったよ。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.