FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食欲旺盛
 金魚の水槽の設定温度は15℃としている。
これは毎年の事だ。室内飼いの金魚なのだからヒーターを使わず気温の上下に任せるのが良いと
一度は思ったのだが・・・

室内飼いだからこそ、ヒーターを付けないと金魚の健康を維持できないらしい。

屋外であれば、それこそ自然な水温の上下に加えて、大気中からの多くの有益なバクテリアや
エアレーションをしなくとも、充分な空気が飼育水に溶け込む。

屋外で飼うと、室内で飼うよりも手間もかからず、水換えの回数も少なくてすみ、病気になりにくく
なっても完治するのが早い。

屋内だと人間が手間をかけてやらねばならぬ。

給餌量もその一つだ。

この時期は水温が下がるので、金魚の消化機能も下がる。なので、餌量を減らさねば消化不良を起こし
てしまう。よく聞く症状としては転覆病だ。

うちでは金魚が欲しがらない限り、餌を与えないようにしている。
逆に欲しがれば欲しいだけ与える様にしてる。
これは決して良いことでは無い。だが、実際問題として、どの程度の餌を与えれば良いかは
当の金魚にしか解らないのである。確かに、目安はあるが・・・どれもこれも信用性に欠く。

どうせ信用性に欠くのなら、金魚自身に決めさせようと私は決めたのである。
その結果、家族にメタボ金魚と呼ばれるようになってしまった。

だが、4年目を超えたあたりから様子が変わる。本当に餌が欲しい時にしか要求をしなくなったのだ。
金魚には胃袋が無い。だから満腹感も感じない。なので、与える限りいくらでも食べると言われてるが、
うちの金魚に関しては、そういうことは無くなったようだ。

ちゃんと餌クレダンスと、遊んでダンスを使いわけている。

だが、ここ1週間は食事量が増えてる。気温は下がり続けているが、水槽は15℃に設定してる。
15℃に設定してるからと言って、15℃を維持してる訳では無い。
絶えず15℃前後を反復してるのだ。どうやら、その寒暖の差が影響してるのかも知れない。

金魚自体は非常に元気で、冬とは思えぬほど活発なのだが・・・ちょいと、心配ではある。

※一般的に金魚は冬眠をすると言われてるが、これは間違いである。
 金魚やメダカはいわゆる冬眠はしない。水温が下がって行動しなくなるが、
 これはじっとして耐えてるのである。だから、少し水が温むとすぐに泳ぎだす。

 本来の冬眠とは、生命活動が極限まで落ちて仮死状態になる事を指すが、
 それには当てはまらないのである。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。