FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとり夜話 vol.1 岡田斗司夫 著 読了
 昨年、岡田斗司夫先生のブログ「岡田斗司夫のゼネラル・プロダクツ」のアクセス数が100万を超えました。
その時に、記念のプレゼント企画をしていただけまして、運良く、1000001番を踏む事ができました。

先日、そのプレゼントが郵送されてきまして、早速・・・その時は「12モンキーズ」を読んでたので
その後に・・・読ませていただきました。

内容は岡田先生が毎月東京と大阪で開催してくださってる「ひとり夜話」というイベントの「文字起こし」
です。なので、文章もしゃべり口調です。

この本は凄く凝っていて、言ってみれば往年のシルバーバックのハヤカワSF文庫のレプリカ。
これだけでも、ニヤリとしてしまいます。
価格は1000円なのですが、読んでみると解りますが、この内容で1000円は安いですよ。
いやプレゼント企画で頂いたから、褒めてる訳じゃありませんよ。
たとえタダで貰った本でも、自分の価値基準に合わなければ、合わないとはっきり言いますよ。

一番好きな所は、「ひとり夜話」一回目の第2章(?)「せつない話」。
ここで岡田さんの愛すべき御友人の「痛い」話が語られてるんですが・・・なんだか自分のことを言われてる
ような錯覚をしてしまいそうになりました。
その御友人を岡田さんがどう思って、どういう目で見ていられたのかを読んで、自分が救われたような
そんな感じを受けました。私は他人に迷惑バッカかけてたアホの子だったから・・・今でもたま~に
思い出して、今更どうにもならないけど、反省してる事があります。

そして、「ガンダム」の話。
岡田さん凄いやって、本当に思ってしまった。もう「ガンダム」の解釈っていうと、岡田さんの解釈しか
信じられなくなってる自分がいます。

もともと私「ガンダム」って良く知らないんですよね。
放送当時は学校から帰宅する前に放送が終わってましたから、ほとんど見てません。
放送日と祭日が運よく重なった時とか、友達が録画したのを見せてくれた時くらいかな?
映画の3作だって、いまだに完全に見たことはありません。

でも、玩具屋に勤務してた事もあって、何となく知ってるんですよね。
メーカーの人から商品説明を受けたりして情報仕入れたり、お客さんから教えてもらったり・・・
順序はバラバラでしたが、一通りの内容は知ってるという変な関り方してました。

で、岡田さんの解釈というか説明を読んで、目から鱗がポロポロと落ちていく感じを受けて
感動までしてしまいました。

この「ひとり夜話」は同人誌であり、一般には市販されていません。
友人が読んだら貸してくれって言ってまして、「いいよ」って答えてたんですけど・・・
一時でも自分の手から離れるのが嫌になってきました。

岡田先生はサービス精神満点で、ちゃんとサインを入れて頂けてるだけでなく、郵送に使った
封筒(?)まで凝ってらっしゃる。
裏面に押された、サイン兼スタンプも嬉しい。

これは本当に宝物ですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。