FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョン・ディクスン・カーを読んだ男 ウィリアム ブリテン著 / 森 英俊 訳 読了
  巨匠J・D・カーに憧れ、自ら密室殺人を企てる青年。
 クィーン顔負けの論理で謎を解く老人。
 見に覚えの無い手紙を受取ったアメリカ在住のワトスン。
 ユーモスな結末の表題作をはじめ、「エラリー・クィーンを読んだ男」、
 「コナン・ドイルを読んだ男」等、ミステリへの深い愛情とあざやかな謎解き、
 溢れるユーモアで贈る<~を読んだ~>シリーズ全十一編。
 付録として、チャールズ・ディケンズの愛読者が探偵として事件に挑む
 「うそつき」等三編を収録。EQMMの常連作家ブリテンによる、
 珠玉のパロディ郡をご堪能あれ。


 何かゆっくり読んで楽しめる作品を読もうと思って、見つけた一冊です。アースカラーで鉛筆で描いたような地味なイラストの表紙が目に付き手にとってみました。
推理小説ではあるのですが、少し趣向が変わっていました。表紙の裏に上記の様な売り文句(?)があるのですが・・・自分は小説でパロディ作品というものを未だかつて読んだ事が無く、ちょっと首を傾げてしまいました。
漫画や映画ではパロディというのはたまに見ますが、ほとんどが原作を風刺したり、”あやかる”様な作品ばかりで、積極的には観たり読んだりはしません。
もちろん例外も沢山ありますが・・・映画では「ローッテッド・ウェポン」とか、漫画では、島本先生が唱えられてる「魂を受け継いだパロディ」のような作品が好みです。
島本先生がSTVの「島本和彦のマンガチックにいこう!」で言われてた事ですが、絵を似せて描くだけでは魂が入っておらず、どんなに上手に描けていても元のキャラクターにはなりえない(パロディにならない)、逆にどんなに似ていなくても元キャラクターの魂を受け継いでいれば、それは本物である(パロディになりえる)みたいな事を。※正確ではありません。私が島本先生のお言葉をこう解釈したと言う事です。

この「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」という作品はまさに、島本先生がおっしゃったようなパロディ作品だと思うのです。
各章の主人公達は、自分が読んだ推理小説の探偵になりきって、その探偵の様に、鮮やかに事件を解決へと導くのです。決して、ホームズが出てきたりメグレ警視やフェル博士が登場するわけではありません。彼らが登場した作品を愛読してるだけです。
仁侠映画をみて、肩を怒らして映画館から出てきたような人が主人公なのです。
この設定だけでも面白いのに、ちゃんと本格推理物に仕上がってる所がまた凄いのです。ゆっくり読める作品を探してたのに、あまりに面白くて一気に読んでしまいましたよ。なんてこったい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。