FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作文の練習をしなきゃなぁ
 一日に四百字詰め原稿用紙で5枚の文章を作るという事をやってみようかと思います。
いや、考えています。でも考えてるだけで終わるかもしれません。
作文の練習をしようと思い立ったのは、作文能力を少しでも付けたいと思うからで、今よりチョットだけでも向上したいと思っての事です。
書きたい文章・文体はしゃべり口調でいこうかと思いますが、他人が読んでくれることを前提として「どや顔」な文章を避けたいと思います。※「ドヤ顔」に関してはコチラを参照してください。

 文章を書くのに「どや顔」っていうスタイルは量産が可能で、割りと自分の頭の中からいろんな物事を文字として普通よりも多く引き出してくれる効果があると思います。
しかしその反面、他人が読んで気分が悪くなるような礼節を欠いた文章になりがちになるデメリットがあるようです。それは避けたいなぁと思うのです。例え自分しか読まない日記であっても未来の自分という他人が読むという事を前提と考えるべきだと。
 でもって、何を書くのか?これが一番大切ですね。書きたいことがあれば文章は水道の蛇口を捻ったようにドバドバ出てきます。そのまま書き連ねても良いかと思いますが、読んでくださる人の事を考えて、出てきた文章を一度濾過(ブラッシュアップ)し、形の良い器に入れる必要があります。また、形態だけでなく、温度も重要。熱い話を冷たい文章で書いても読む人に不親切です。同じ言葉でも理解しやすいように砕いたり暖めたり、料理すべきだと思う次第です。この様な事は昔から言われている事だとおもいますが、自分は今までそんな事を考えて作文した事はありません。長い文章自体を書く機会がありませんでしたし。
今回は、作文初心者の自分がどうして作文能力を付けたくなったのか?何のために作文能力を必要とするのか?という事がテーマになっています。

 どうして作文能力を付けたくなったのか?

それはブログを書き始めて自分の能力の低さに辟易した事に端を発します。自分は他人との会話は好きなのですが、他人を笑わせる様なユーモアや、たのしい雰囲気を作る様な会話はできません。話をしてても面白くない人間なのです。他人と話す事は好きっていうのは、他人に楽しませて貰ってるのが好きという事で、会話を交わしてる相手の目には話をしても面白くなく、しかも疲れる相手としか写らない事だろうと思うからです。事実、今までそういうことが何度もありました。

ここ数年は可能な限り読書をして知識や情報を頭に蓄積しようとしていますが、実際に役に立つかどうかは全く解りません。インプットばかりだからです。これからはアウトプットも考えてイロイロと試してみようと考えたわけです。その訓練の一つとして何か小説を書いてみても良いかも知れませんが、先ずは毎日のブログの記事の文章のレベルアップから始めようかと思っています。一度テキストを起こして、何度も見直してブラッシュアップ。内容の面白さはとりあえず後回しです。面白いことなんかそうそうあろうはずもありませんから。といっても、文章力が付いてくればツマラナイ事でも、面白く読ませるように書く練習も必要となってくることでしょう。
そういう事を考えるとプレッシャーが大きくなって三日坊主で終わってしまう可能性が高くなりそうです。ここは気楽に、少しづつ進めていこうかと思います。先ずは、小学生レベルの作文が出来るように頑張らないと!

 そういうわけで、小学生が行うような作文と読書の訓練をこれから意識してやっていこうと思います。この歳になって何をやってるんだかって思う人もいるかもしれませんが、自分からしてみれば「この歳になったからこそ、自分が残せる物を模索してるんだよ」って言いたい。自分の人生を振り返って、何をこの世に残せるのか考えてみる事が、たまにあるわけです。「虎は死んで皮残す」虎が毛皮を残しても喜ぶのは人間だけで、当の虎には何の事やらって感じでしょうね。それでいいとおもうんです。自分の残した物が他人にとって全く無意味な物であっても、自分が生きてる間にコレを残す事が出来たって思える経験が出来れば。人が死んであの世に持っていけるのは思い出だけなのですから。
「人が死んで持っていけるのは、思い出だけ」
このセリフは「ジョーブラックによろしく」という映画の中にあるセリフです。この言葉は自分の心に深く突き刺さりました。映画を観た時、ストーリーとは全く別に、このセリフだけでちょっと感動した事を思いだします。

≪1842文字:400字詰め原稿用紙5枚+1行≫
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。