FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーヒーをいれるナウ
 日、文句を言いながらも楽しませてもらった小説「コクと深みの名推理シリーズ」。かなり「知識的(耳年間的)には勉強になった。それで、一度、「コーヒーのいれ方」をまとめておこうと思う。自分で実際に試して見たわけでは無いので、今後、コーヒーを様々な方法で「いれる」時の為のメモにすぎないけれど。

まずは、基本。コーヒーをいれる方法は大雑把に分けて、インスタントコーヒーの様に粉末になったコーヒーをお湯に溶かして「いれる」方法と、ひいた豆から抽出する方法がある。
前者の拘りはメーカーやブランドの拘りで、ここにメモしても、現在の嗜好や好みのメモになってしまい意味が無い。嗜好は常に変化するから。

豆からコーヒーを抽出する方法は次の通り
・ドリップ
・水出し(ペットボトルにひいた豆と水を漬ける)
・サイフォン
・エスプレッソ
・フレンチプレス

ドリップ式とサイフォン式は、ポピュラーなので説明するまでも無いだろう。家庭でも手軽に出来る手法だと思う。この2つの違いは、手業によって味が変わるドリップ式と、誰がいれても安定した味を提供できるサイフォン式と言う所か。

 普通、水出しコーヒーはドリップ式に含まれる。時間をかけて常温または冷水でドリップする方法だからだ。豆の成分は使用する水の温度で抽出する成分を選択できる。冷たい水で抽出すれば時間はかかるが、豆に含まれる油脂は出てこずに繊細なアロマやフレーバーが凝縮された形で抽出できる。ペットボトルを使うやり方は漫画「美味しんぼ」で世間的に広まった方法だが、自分は専用の器具を使って時間をかける水出し方法が面倒で、ペットボトルにひいた豆をいれ、水を注ぎ冷蔵庫に一晩いれていた。そうしないと、専用器具を台所に長時間出しっぱなしと言う事になり、邪魔で仕方が無い。この面倒くさがりの方法が「美味しんぼ」究極のコーヒーのいれ方として紹介された時はびっくりした。それでいいのかよ?雁屋哲先生!って、叫んだくらいだ。しかし、この方法には弱点がある。コーヒーの香りの成分の多くは実は「油脂」に含まれている。それを抽出できない。みずに香りの一部を軽くなすりつけているに過ぎない状態だと思う。繊細といえば聴こえはいいし、軽いコーヒーを望むなら最高の一杯になるには違いないけれど。

 スプレッソは、その油脂を高温と圧力をかけて抽出する。クレオ・コイルの作品中では、単純に高い温度と高い圧力をかければ良いという訳じゃないと書いてある。豆をひいて15秒以内に専用のフィルターにしっかりと詰める。ここで力をかけて詰めないと、豆全体に湯が回らず雑味が交じってしまうそうだ。※ネットで検索してみると「しっかり詰めてはいけない」と書いている所が多い。どっちが良いかは自分で試すしかない。
エスプレッソマシーンで、一回抽出する事を1シヨットと言う。ダブルエスプレッソは、2ショットって事らしい。また、1ショット抽出するのに要する時間は9秒~20秒。蒸気の圧力で押し出すことを考えれば時間をかける事になる。エスプレッソがカップに出てくる様はクレオ・コイルの表現を借りれば、蜂蜜がタラ~リと落ちてくるのと同じだそうだ。そうなる様に温度と圧力を調整するのが「バリスタ」の主な仕事と言う事らしい。
※最近、ネッスルの「バリスタ」というインスタントコーヒーをエスプレッソで抽出するという機械に人気があるようだが、首を傾げてしまう。だって粉状に加工されてはいるが、既に抽出されているコーヒーを、更に抽出するって事だから。これは野暮の極みって事じゃなかろうかと思う。

 手にエスプレッソでコーヒーをいれられたかどうかを判断するには、表面に浮かぶ泡(クレマ)の有無で判断する。しかし、本当はそうじゃない。香り成分を含む油がクレマの下、コーヒーの水面に浮いている状態が良い。この油脂が表面に浮かぶ事は、ドリップ式で抽出したコーヒーには絶対に無い。ドリップ式とそうでない抽出方法の大きな違いだ。
エスプレッソマシーンが無い時代には、エスプレッソメーカーを使ってコーヒーをいれていたそうだが、実はこのエスプレッソが(いれ手次第だが)もっと美味しいコーヒーを抽出できるらしい。現在でももちろん販売されているが、コーヒーをいれるのに手間がかかるので然程普及していない様子。

 後に「フレンチプレス」。これは紅茶をいれる"容器"でコーヒーを抽出できるとは全く思っていなかった。このクレオ・コイルの作品中でクレアが試飲させる時に使ったりするので始めて知った。しかも、この容器は昔からうちにある。何故あるのかは知らない。物心ついた時にはうちの水屋に収まっていた。僕はあまり紅茶を飲まないので、この"容器"はほとんど使った事が無かった。たまに母親が紅茶をいれる時に使っていたくらい。この器具(?)を使うと、紅茶葉がカップに割と出てくる。それが口の中に入るのが嫌なのだ。昔、イタズラ半分で、コーヒーをこれでいれたことが一度だけあった事を思い出した。コーヒーの豆が口の中に広がって、コーヒーを口に含んだだけで飲む事は出来なかった。
 自分は緑茶の葉が湯飲みに残っていても気にならないが、紅茶やコーヒーはそうでは無い。しかし、外国の方はそうじゃないらしい。飲むだけでなく、カップに残った茶葉や豆が作った模様を見て占いをしたりして楽しんでいる。先日、鑑賞した「コラライン」でもそういうシーンがあったし、クレオ・コイルの作品のなかでは「カップの底を読む」シーンがあったりする。これは僕にとってはカルチャーショックだった。だって、茶柱を気にかけても、飲み終わった湯のみやカップを気にかけた事自体、今まで無かったから。
フレンチプレスでのコーヒーのいれ方は、容器にまず熱湯をいれる。必要な量の挽いた豆をその熱湯に浮かべる。決して攪拌しない。浮いた豆が蒸れたら、フレンチプレスの蓋を容器に被せ、メッシュをゆっくりと押し込み、豆がギリギリ水没する所まで押し下げる。豆が水分を含んだらゆっくりとメッシュを押し下げていく。下まで押し下げていくが、豆を押しつぶす程の力をかけてはいけない。底に沈めてしまえばそれで良い。これで不要な炭酸ガスは抜けているし、豆の香りのついた油脂もしっかり出ている。ドリップより雑味が出る事があるかもしれないが、それ以上に様々なフレーバーを引き出す事ができる。まるでワインの様に。

 とは豆なのだが、インスタントコーヒーや缶コーヒーで使われているロブスタ種は避けたい。自分でいれるのだから、アラビカ種を選びたいと思う。贅沢かな?

≪2700文字:400字詰原稿用紙7枚≫
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。