FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティム・バートンのコープスブライト 読了
脚本:ジョン・オーガスト
   キャロライン・トンプソン
   パメラ・ペドラー
ノベライズ:川島幸


 昔々とある陰気な村で、1組の男女の結婚式が行われようとしていました。
 新郎の名は、ビクター。魚の缶詰業で大もうけした成金バン・ドート夫妻の一人息子です。
 お金は余るほどあるし、あとほしいのは家名だけ。
 対する新婦の名はビクトリア。由緒ある貴族エバーグロッド夫妻のひとり娘ですが、
 すっかり落ちぶれて金庫には蜘蛛の巣がはりめぐらされている状態。
 残された財産は家名のみ。つまり二人はそれぞれ政略結婚の道具として、
 顔すら知らない相手と結婚させられようとしているのです。
 そして結婚前夜、初めて顔を合わせたふたりは今までの不安はどこへやら、
 とってもいい雰囲気に。しかし結婚式のリハーサルでへまばかりの内気なビクターは、
 式の延期を言い渡されてしまいます。すっかり落ち込み、
 暗い森の中でひとり結婚の誓いを練習するビクター。
 「この指輪をもって汝を妻に請わん」そう呟いて
 地面から突き出た枯れ枝(らしきもの)に指輪をはめた瞬間、
 「お受けします」という声と共に地中から現れたのは
 ウェディングドレスをまとった死体の花嫁=コープスブライド!
 ビクターはそのまま死者の国へと連れて行かれてしまいます……


 記は、文庫の裏表紙に書かれた紹介文です。普通の文庫にあるのとは、3倍くらい長い(笑)
コープスブライド
 2005年公開のティム・バートン監督作品を川島幸先生がノベライズしたもの。今、「ソラリスの陽のもとに」を読んでいるのですが、どうにもこうにも精神的に疲れてしまいます。気晴らしに、気軽に読める作品をと探していましたら、この作品を発見。
珍しい事に、文庫本なのに全ページカラーです。挿絵の変わりに映画のスチルがたくさん添えられていて、まるでフィルムブックの様です。すごい豪華。時折、ペン画のイラストがあるのが妙に嬉しい。
 容の方はというと、映画の完全ノベライズで、いわゆる原作本とは趣が違います。なので、映画の内容を深めるような箇所は無いかと思われます。
この作品の内容って、何となく「牡丹灯篭」とか「妖怪百物語」みたいな和の雰囲気があるように思えます。出てくるキャラクターは妖怪では無くゾンビなのですけれども。でも、ゾンビの恐ろしさとか不思議な世界を見せる作品ではなくて、社会に縛られた人間と、社会のルールに縛られない自由な人間の語り合いの様な作品という気がします。もちろんそれだけでは無く、外見に惑わされない本当の姿もあるというメッセージも持っているんじゃないかと。解りやすく演出されてあるはずなのに、疲れた私の脳味噌での理解はこの程度です…ごめんなさい。

ートンの「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」は、初めて鑑賞した時から好きになり何度も繰り返し観ていました。その反動からか、コープスブライドは1度だけしか観ていません。それも、他の事を考えながら観ていたような次第です。好きだった「ナイトメア」が「コープス」を観る事で汚される様な気がしていたように思います。例えば、人気が出て2作目が作られて、ワクワクしながら観て、幻滅する事が経験上多かった。その2作目の悪評の為に前作の(自分の)評価まで悪くなり、あれだけ喜んで観ていた自分が馬鹿みたいに思えてしまうからです。


 
「コープスブライド」は多分、ナイトメア・ビフォア・クリスマスの様なミュージカル然とした作品だったと思うのですが…だとすれば、このノベライズは、音楽が無いという点でかなり損をしているのじゃないかと思われます。著者(?)が挿入歌をポエム調に書いてくれてはいますが、今ひとつ伝わってきません。やっぱり映画を鑑賞した後で読む事を前提にしてあるのでしょうね。邪推すれば、この本はコレクターズアイテムの一つに過ぎないかもしれませんね。
 読み苦しんでいる「ソラリスの陽のもとに」は、僅か30ページを読むのに3日かかった箇所もありますが、この「コープスブライド」は1時間もかからず読了する事ができました。本当に気を楽にして読めるし、読んでいて更に気が楽になる作品です。「ソラリス」を読み進める事によるストレスがかなり改善されました。これで、今夜から続きが読める!
今月月末にBSで、「コープスブライド」が放映されるらしいです。それもあって、今回この本を購入したのではありますが…先日、「コラライン」を鑑賞、読了してから気持ちが少し変わったのです。また観てみたいなぁと。折り良く放映されるとあれば、観ない手はありません。今はとても待ち遠しい。

 話は変わりますが、「コープスブライド」も「コラライン」も映画の撮影にはデジタル一眼レフを使用しているらしいですね。なんとなく敷居が下がってきたような気がします。かといって、映像レベルは段違いに上がってきているのですから凄いことです。ハリウッドの撮影で照明はガンガン焚くそうです(夜中のシーンでも昼間の様に明るくするらしい)。一眼レフなら蝋燭一本の光でも撮影できるので人件費や機材のリース料も削減できる事でしょう。その分、カメラ撮影の技術者レベルが高くなるのでしょうけれど。




≪2140文字:400字詰原稿用紙7枚≫
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。