FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャーロック・ホームズ 2010年イギリス 鑑賞
 監督:ガイ・リッチー
 脚本/原案:マイケル・ロバート・ジョンソン
 脚本:アンソニー・ベッカム
    サイモン・キンバーグ
【キャスト】
 ロバート・ダウニー・Jr:シャーロック・ホームズ
 ジュード・ロウ:ジョン・ワトソン
 レイチェル・マクアダムス:アイリーン・アドラー
 マーク・ストロング:ブラックウッド
 エディ・マーサン:レストレード警部
 ケリー・ライリー:メアリー

【STORY】
 世界は、はじめてのシャーロック。ホームズ
 に出会う――
 史上最高の名探偵、最大の謎に、最強のコン
 ビで挑む!
 舞台は19世紀末、ロンドン。進歩する世界の
 中心地であり、あらゆる悪がはびこるこの街
 で、事件が発生した!若い女性が次々と不気
 味な儀式を思わせる手口で殺され、ロンドン
 警視庁は解決の糸口さえつかめない。だが、心
 配はいらない。この街には、ホームズがいる。
 彼はたちまち犯人を突き止める。逮捕された
 のは、邪悪な黒魔術を操る男、ブラックウッ
 ド卿。彼は巨大な闇の力とのつながりをほの
 めかし、処刑されても復活すると宣言する。
 真の事件はここからだった。予言どおり蘇っ
 たのだ。


 画を観始めて10分もすると、小説の中のホームズ達とは印象が異なることに気が付く。僕にとってコナン・ドイルの描いたホームズは、冷静沈着であり、社交的で礼節を重んじているイギリス紳士だ。ワトソンは医者だがホームズよりも年とっていて、のん気でお腹が出ている伯父さん。ハドソン夫人は、落ち着いた大人の女性で、何かと面倒見が良いという印象を持っていた。
この映画のホームズの第一印象は、2001年に公開されたアルバート・ヒューズ監督の「フロム・ヘル」の主人公フレッド・アバーライン警部(ジョニー・デップ)だった。ぶっきらぼうで、くたびれて小汚く、自分勝手な性格が良く似ていると思った。
ワトソンの方は思っていたより若く、ドイルのホームズが失っている物を補完している様に思える。

 ホームズ役のロバート・ダウニー・Jrは、「アイアンマン」のトニー・スタークのイメージが強かったけれど、鑑賞後には僕の頭の中からトニー・スタークはどっかに行ってしまった。全く違和感無く、この映画で作り出されたホームズに合致していた。パイプこそ咥えていたが、彼が従来のホームズを示すトレードマークである「鹿撃ち帽」をかぶっていたら、ホームズには見えなかっただろうと思う。
 ワトソン役のジュード・ロウは、かっこよすぎて、ワトソンに見えなかった。でも、ホームズの相棒という風に観れば全く違和感は感じない。「Dr.パルナサスの鏡」にも出演しているけど、それ以前の作品では記憶に無い。
 アイリーン・アドラー役のレイチェル・マクアダムスは、「ホット・チック」「パニックフライト」で観ているはずなのだけど全く憶えていなかった。ラストの傷だらけの顔にゾクっ、とした。

 ストーリー的には、まぁこんな物だろうなぁと。19世紀後半のロンドンってオカルト的な物が流行っていたから―例えばミイラの包帯を解く見世物とかに人気があった―登場人物達ほどの新鮮味は全く無かった。ごく普通のアドベンチャーになっている。しかし、ホームズの推理…というか思考の表現がきっちり映像化されているのが素晴らしい。この演出方法は、今までに映像化されたホームズの中では最高だと思う。また、19世紀ロンドンのセットが秀逸。非常に緻密で生活観や雰囲気が良く出ている。物凄くお金がかかっているなと思ってしまう。CGも効果的に使われている。
原作が好きな自分としては推理物というよりもアクションアドベンチャー物になっているのが、ちょっと残念。しかし、娯楽作品としては大成功だと思う。実際、凄く面白かったし。
 演出(?)の面では、ちょっと不満が残る。セットがアレだけ出来が良いのだから、もっと「光」と「影」を際立たせた方が、19世紀のロンドンの雰囲気が高まると思う。ちょっと、画面が明るすぎ。※暗すぎる所もあるけど。
BGMは世界観がピッタリあっていて良かった。古臭さも感じないし、かといって斬新すぎる事も無かった。本当に良いBGMというのは、作品に夢中になると映像と一体化して聴こえなくなる。いや聴こえているのだけど、音が作品内の空気になっている。ん~表現が難しい。BGMを観客が「BGMが鳴っているな」と意識したらBGMの価値は薄れてしまう。シーン内の雰囲気に昇華する音楽が優れたBGMだと思う。そんな感じ。
 チラチラッと出てくるモリアーティ教授の扱い方も良かったと思うし、来年に続編が公開されるらしいけど、また出てくるのかな?

とても良い作品なので続きが観たくなってくる。

≪1947文字:400字詰原稿用紙7枚≫
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。