FC2ブログ
Eclatez
思いついたらメモ。その程度。定期的な更新なんてありえない。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裁判はわからない パーネル・ホール 著/田中一江 訳 読了
 裁判はわからない

 わたしの判断はあてにならない。
 だれもがそう言う。が、妻殺しの
 容疑をかけられた依頼人は無実に
 決っている。妻を殺した男がみず
 から警察に通報し、血まみれのま
 ま告白するわけないじゃないか?
 おまけに、殺人のあった時間には
 容疑者は仲間たちとポーカーをし
 ていたのだ。まさに鉄壁のアリバ
 イ! そう思っていた。ポーカー
 仲間たちの証言が食いちがってい
 るのを知るまでは……ひかえめ探
 偵の愛妻アリスが大活躍の第11弾


 前回読んだ作品では、偽装殺人を舞台にして、主人公スタンリーとマコーリフの関係を描いていたパーネル・ホール先生ですが、今作では、スタンリーとスタンリーに仕事を回してくれているリチャードとの関係を描いています。
リチャードというのは、弁護士ですが、主に取り扱っているのは、事故による損害賠償です。リチャードが普通スタンリーに依頼する仕事は、電話で依頼してきた客の所に行って、書類にサインして貰ったり、事故現場の写真を撮影したりする事です。基本的に「非過失損害事故」というもので、加害者が存在しなくて被害者のみ存在する事故。つまり、道路の穴ぼこで、躓いた弾みに転んで骨折したとかの類で、道路を整備していなかった「市」に保証を求める訴訟を起こす仕事です。この訴訟は基本的に「市」側もほとんど和解してくるので、起訴されずに和解金がすぐに手に入る様になっています。
そんな事件性の全くない訴訟を仕事としているリチャードは映画での裁判なんかに憧れている訳です。作品内ではそうは描かれていませんが。なので、スタンリーが拘留されると嬉々として警察に出向いていく。というのが今までのパターンです。
今回は、リチャードの知人が殺人事件の容疑をかけられた事で、思いっきり張り切ってしまいます。リチャードにとっては始めての事件性のある裁判になるからです。慎重に慎重をきして事にあたるのですが、その為にスタンリーには情報を最低限しか与えません。
「脅迫なんかこわくない」では依頼人がほとんど情報を与えずにいたので、スタンリーはイライラしていましたが、今回はリチャードが教えてくれない状況。※パーネル先生は同じ様なシュチエーションを続ける事が好きなのですかね?
依頼人のアリバイを証明する証人の供述を取るだけの仕事。スタンリーにとってツマラナイ仕事を与えるのがリチャードだという事を強調しているようです。でも今回、スタンリーはリチャードに食い下がって、昇給してもらいます。今までの2.5倍の報酬!
そこに気をよくしたスタンリーの妻アリスが関ってくるという流れです。

リチャードは弁護士です。彼の仕事は「依頼人を無罪にする事」。スタンリーはその手伝い。でもスタンリーは犯人をあげたいと思っています。リチャードは犯人を見つけるのは自分たちの仕事では無いと思っています。
そういったズレが今回の読み所だと、僕は思います。これで、スタンリーとリチャードの関係や立場がはっきりしてくるし、スタンリーがマコーリフに迷惑をかけてしまう理由もなんとなく解ってきますし、それでマコーリフが怒っても、その矛先はスタンリーでは無い事が解ります。多分、この点を描きたかったのじゃないかな?と勝手に思っています。
ラスト近くになって、ドラマ的にはアリスが活躍した事になりますが、作品的にはやはりアリスは話をまとめるだけの役割しか与えられていません。そこの描写があっさりしていて著者はあまり書きたくなかった感じです。また、リチャードとの関係を描きたかったはずなのに、これもラストはあっさり描いていて、僕は不満。それを補強するかのように、ラストで悪戦苦闘しているスタンリーとマコーリフの友情(?)を描いてまとめています。
綺麗にまとまっているけれど、不満は残ってしまいますね。次回に期待
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。